作業療法士(OT)求人

MENU

作業療法士(OT)求人について

作業療法士とは

作業療法士とは身体や精神に障害がある対象者に対して園芸や手芸、木工といった作業活動を通して日常動作の回復を訓練、手助けするリハビリ専門職です。各種養成学校を卒業後国家試験に合格すると作業療法士免許が与えられます。作業療法の実施領域には手芸や園芸のほか歯磨きや家事など日常生活上で必要となる動作も支援していきます。また身体障害だけでなく精神・発達障害者も対象としているのが特徴として挙げられます。リハビリ対象者も成人のみでなく発達段階にある小児も対象としており、リハビリ介入をとおして最大限健全な成長を促していけるよう援助しています。社会適応能力や応用動作能力が低下していることも多いため、一つ一つの作業に動機付けを行いながら徐々に適応させていく必要があります。主な就業場所として病院や老人保健施設、老人ホーム、身体障害者施設など多岐にわたり、様々な医療職と連携しながら個別的なリハビリテーションを実施しています。特に今後はますます高齢社会を迎えるにあたり高齢者人口が増加していくため、それに伴って生じる生きがいの喪失や引きこもりなどの心理・社会的問題にも取り組んでいく必要があるなど大きな役割が求められています。

作業療法士の給料

作業療法士とは食事をする、入浴をする、指を動かすといったADLと呼ばれる日常生活動作の援助、支援のための国家資格をもったリハビリ専門職です。脳卒中やパーキンソン病、関節リウマチや精神発達遅滞など対象疾患は多岐にわたります。主な就業先は病院や老人保健施設、有料老人ホームや障害者福祉施設などが多いです。大きな病院や老人保健施設になると複数の作業療法士が勤務している場合が多いです。給料面は年収で約350〜500万円、月給だと23〜30万円とされていますが、就業先によってかなりのバラツキがあります。定期昇給やボーナス支給はありますがその年の経営面に大きく左右されるため不確定な場合が多いです。また超高齢社会のなかで年々高齢者は増していく一方、医療費がかさみこれの抑制のために診療報酬は下げられていきますので施設によっては昇給やボーナスがない場合があります。作業療法士のなかには自ら法人を立ち上げてビジネスとして多角的に展開したり、リハビリ特化型のデイサービスを立ち上げて経営するなど新たな道を開拓していっている人もいます。今後ますます高齢者人口が増加していくなかで、作業療法士の果たす役割は大きくなっています。

作業療法士の仕事内容

作業療法士の仕事内容とは、患者とのコミュニーケーションを通じてまずはお互いの信頼関係を築き上げ、お互いに協力しあって気持ち良くリハビリに励めるように助けることです。
人間対人間ですから時には誤解も生まれる事がありますが、事前に信頼関係を築けているとトラブルになりにくいものなのです。
作業療法士と共に行う療法には様々なものがあります。
運動系では、卓球や散歩で体力向上やストレス発散をしながら、集団行動も学べます。
患者個人の趣味に合わせた療法では、塗り絵や裁縫、プラモデルなど作って作業への集中力を高めたり、達成感を得たりします。
音楽療法には患者の心のわだかまりを解く鍵があります。
心が動いた時に専門知識を持った者が近くにいてくれるのは心強いことです。
最近の作業療法士はアロマテラピーやストレッチ講師の資格を持っている者も多く、より寛ぎながら楽しめるようになっています。
上記仕事内容だけではなく、さりげなく患者の話し相手になったりして喜ばれる事もあります。
作業療法士の仕事内容で最も大切なのは患者一人一人の病状を観察して主治医に申し送りをし、1人でも多くの患者を焦らせずに自然なペースで回復させて、日常生活に戻る手助けをすることです。


こちらのサイトでもいろいろ紹介しています。⇒作業療法士OT求人転職